タクシードライバーのバイトについて

東京都港区北部に位置する六本木は、現在は繁華街というイメージが強い傾向にあります。百貨店は存在しませんが、1973年に誕生したロアビルは、かつてはショッピングビルとして建設されました。また、最近では六本木ヒルズなどのショップやビジネス街、高級マンション、大使館も多くあり、多面的な顔を持つ街です。しかし、残念なことに事件や違法行為も少なくなく、六本木地区はアメリカ国務省、イギリス大使館・オーストラリア大使館によって旅行者向けの危険地域として警告されています。
さて、繁華街に常に居てくれると助かるのがタクシーです。お酒を飲んで帰りたいのに「終電が不安で飲めない!」なんてなりたくないですもんね。タクシー運転手のバイトですが、今ではすっかり中高年の仕事のイメージがあります。タクシーの運転手になるためには普通免許の経験が3年以上あればはじめることができます。今まで必要だといわれてきた2種免許は、10日間ほどの短期間で取得でき、取得費用は会社が負担くれる場合がほとんどです。運転手の年齢は、健康で元気であれば60代でも可能だといわれています。逆をいえば若者には大変な世界だといえます。タクシー運転手の仕事の多くは勤務地内で働く地域密着型となるそうなので、「縄張り」というものがあります。従って、タクシー運転手は、急に他県から来た新参者にはなかなか冷たい世界だといえ、地元に住んでいて抜け道などを熟知している人の方が有利だといえるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です